仮想通貨Factom(ファクトム)の基本情報や特徴・チャート・機能を徹底解説!




この記事では、仮想通貨Factom(ファクトム)についての概要や覚えておきたい知識を初心者などにもわかりやすく徹底解説しています。これからFactom(ファクトム)がどのような現場で活用されていくのかなどもしっかりと理解していきましょう。

Factomとは


ファクトムはあくまでプラットフォームの名前であり、仮想通貨としての正式名称はファクトイド(Factoid)となっています。ファクトムはデータや書類の管理に長けているプラットフォームとなっています。

国内取引所であるCoincheck(コインチェック)で購入することができます。

この記事ではファクトムがどのような現場で活用するのか、どのような特徴があるのかなどを紹介し、その仕組みなどを解説していきます。

Factomの特徴

1. データを分散して管理するプラットフォーム
2. 中央集権型プラットフォーム
3. データを遡ることができるため、記録などを確認し証明するのにとても便利。
4. ファクトムハーモニー

1.データを分散して管理するプラットフォーム

ファクトムは「ファクトムサーバー」、「エントリーブロック」、「ディレクトリブロック」、「ビットコインのブロックチェーン」という4つの要素でプラットフォームが形成されています。

ファクトムはブロックチェーンの膨大なデータや大きく掛かってしまう手数料などのコストを削減する目的で作られました。

また、ファクトムはブロックチェーン上で取引のデータだけでなく、ドキュメントなどの管理ができるというのが特徴であり、証書などのドキュメントもブロックチェーン上に取り込むことで確認しあうことができます。

データを改ざんできないというブロックチェーンで管理しているため、様々な書類や記録を安全に管理することが可能なのです。

2.中央集権型プラットフォーム

ファクトムは「Factom.ink」という企業が管理と運営を行っています。そもそも仮想通貨に管理者がいるということが異例です。これは管理者が破綻してしまうと、その仮想通貨も破綻するということを意味します。

この中央集権型で運営していることをデメリットと捉える人もいますが、すべての管理を一つのチームですることによって、仮想通貨に起こりがちなハードフォークなどの混乱を避けることができるというメリットもあります。

3.「dLoc」の特徴

上記で書いたとおり、ファクトムはデータ管理を目的に作られました。そんなファクトムの主要なプロジェクトが「dLoc」というプロジェクトです。

これは「オンラインとオフラインをつなぐ」というコンセプトのもとで、オフラインのデータをブロックに組み込むことで、個人情報を全て把握できるようにするための開発を現在行っています。医療のカルテなど医療系の現場で情報を管理することが期待されています。

具体的に案として、個人情報や医療履歴などをオフラインデータとして「dLocステッカー」というものに取り込みます。この「dLocステッカー」はQRコードなどで読み込めるオンラインのものとなっており、これ一つあればどの病院に行っても過去の医療履歴やアレルギーの情報などを把握できるという仕組みです。もちろん、ブロックチェーンによってデータの管理を行うため、改ざんや不正は行われません。

4.ファクトムハーモニー

ファクトムに関するプロジェクトで特に注目されているのがこの「ファクトムハーモニー」です。このプロジェクトはアメリカの住宅ローンの環境を改善するために立ち上げられたプロジェクトです。

アメリカの住宅ローンでは書類の処理に莫大な時間やコストがかかってしまっているのが問題点となっています。この問題を解決すべく立ち上げられたのが「ファクトムハーモニー」です。

本来であれば、住宅ローンは不動産業者や銀行などの第三機関を仲介します。しかし、この仲介にも仲介料や情報管理にコストがかかってしまいます。ファクトムを活用すれば、ブロックチェーンによって情報などは守られて、データ改ざんや不正はできないので安全性も高くなります。手間とコストが削減されながら半永久的に管理が出来ることになります。

Factomの仕組み

ファクトムの仕組みは少しマニアックなものになっていて、専門的な知識が必要になることが多いです。

まずファクトムはブロックチェーンにそこまで負荷をかけずに済みます。そもそもブロックチェーンは一つの認証を行うのに少し時間がかかってしまいます。そのため、大量の認証を一括で行う際には膨大な時間が必要となってしまいます。しかし、ファクトムではブロックチェーンに直接データを書き込むのではなく、ファクトム自体で一つの取引に情報をまとめ、ブロックチェーンに負荷を変えることなく大量のデータを管理しています。

ファクトムは独自のブロックチェーンである「エントリーブロック」という技術を運用しており、情報をそれぞれカテゴリーに分類して、それを整理し暗号化するという流れを作って、ブロックチェーンへの負担を減らしています。また、その一つの取引としてブロックチェーンに記録するという仕組みになっています。

ファクトム(FCT)のチャート

FCT/BTC建てのチャートです。データはビットレックスを使用しています。



2016年の夏にアメリカの企業との提携でかなり価格が上昇し、日本円で4000円ほどの価格を推移しました。
また、12~1月のアルトコインバブルの時期には10000円の大台に乗っています。
現在は2000円から3000円前後の価格で推移しています。

Factomの購入方法

2018年現在、日本国内でファクトムの取扱いを行っている取引所はCoincheck(コインチェック)のみとなっています。Coincheck(コインチェック)は取り扱っているアルトコインの種類が国内最多となっています。

海外の取引所で言えば、

・Bitrex(ビットレックス)
・poloniex(ポロニエックス)
・Cryptopia(クリプトピア)

など、アメリカやニュージーランドなどの取引所で取り扱いされています。
海外での取引は最初は抵抗があるという人も多いかと思うので、まずはCoincheck(コインチェック)での取扱いをオススメします。

Factomの将来性

ファクトムは「ファクトムハーモニー」と「dLoc」という二つの大きなプロジェクトを抱えています。ファクトムにかかっている期待は大きく、そういった動きが評価されており、ビル&メリンダ・ゲイツ財団から多額の出資を受けています。

金銭面でも大きなバックアップがあるのに加えて、技術開発のチームにはビットコイン2.0の開発者なども関わっているため、問題なく開発が進んでいくでしょう。

日本でのマイナンバーのようにネットでデータの管理を行うことが進んでいく今後におけるファクトムの価値はかなり重要なものになると予想されています。




追証無しのFX・安全性もA+


BITMEXは板も多く、サーバーも強いのでかなり注目されている取引所です。レバレッジも最大100倍まで可能。FXトレーダーは登録必須です。

手数料マイナスで利益を得るならzaif


ZAIFはビットコインの購入で手数料がマイナスなので報酬をもらうことができます。かなりおすすめの取引所なので、まだ登録が終わっていない方はぜひ登録してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です