カウンターパーティー(xcp)の実用性は?今後の上昇は期待できる?




カウンターパーティーってどんな仮想通貨?

基本情報

通貨名:Counterparty

通貨単位:XCP
発行上限:2,648,755 XCP
公開日:2014.01.02
承認システム:PoB
承認速度:約10分
運営団体:Counterparty Foundation
公式ホームページ:https://counterparty.io/

XCPの機能

・独自トークンの発行・上場
・クラウドファンディングと投票
・BTCの実用できる範囲を広げる

ビットコインのブロックチェーンを利用して、ビットコインの活用できる範囲を広げたトークンといえます。
ビットコイン2.0とも言われてます。(2.0とは進化という意味でよく使われる)

トークンと仮想通貨の違いは?

イーサリアムというブロックチェーン技術を使った仮想通貨がETH
サーリアムのブロックチェーンの技術を使って作成した新たな通貨をトークンと呼ばれることが多いです。

カウンターパーティーが機能する仕組み

プルーフ・オブ・バーンとは、現在のビットコインでコインベースという特殊なインプットを持つ取引記録を使って通貨発行しているのと同様に、その後には絶対に使用不可能なアウトプットを持つ取引記録を送金者が作成することによって、その金額を焼却したことを証明すると、新しい仮想通貨に同額の金額のコインベースを得ることができるという仕組みです。ビットコインの通貨を発行するのとは逆の手順であり、通貨を消滅させる取引記録と、新しい仮想通貨の通貨発行を連動させるような方法が可能です。燃やすとはつまり、コインを使用できない(秘密鍵を誰も知らない)アドレスに送ることを意味します。

bitflyer公式サイト

バーン?燃やすの?という印象を受ける方もいますが、実際は使用不可のアドレスに送金することで、使用不可になった分ビットコインと同じ価値のXCPを発行できるという仕組みです。
この仕組みの優れているところはバーンしたビットコインがXCP移行いうところです。この方法により価値を保ちやすくなります。

実際どのようなことにXCPは使われているの?

  1. トークンエコノミーのプラットフォーム
  2. クラウドファンディングと投票
  3. 分散型取引所への上場

このようなことができます。
特に自分のトークンをすぐに独自の分散型取引所に上場されられるのはかなり実用性が優れており、nemやイーサリアムで発行するトークンではできない機能です。
特徴としてはかなり機能は充実していることですね。

そのほかにも賭け、ペイメントチャネル、ゲーム・トレーディングカードトークンなどとして使用されています。

現在購入できる取引所は?

国内取引所 zaif


海外取引所 Bittrex

海外取引所 Poloniex

XCPがハードフォーク→XCPCが誕生

XCPCとは?簡単に説明

XCPはBTCのチェーンを利用し、トークンを作成・上場させたり、投票機能をつけたりとBTCの活用範囲を広げてきました。
これをBCHでの対応できるように使用という試みです。ビットコインには送金の速度が遅かったり、スケーラビリティーの課題があったり課題が多いので、もしかするとBCHが基軸通貨として使われるのではないかと一部では考えられています。
この動きに合わせ、BCHもXCPの技術を活用することを目指しています。

カウンターパーティーのウォレット

Indie squareというウォレット

デスクトップWebウォレット、モバイルウォレット、Chrome拡張ウォレットの3種類があります。

XCPのウォレットの特徴

・独自のトークンの発行
・独自トークンの売買
・BTC・XCPのウォレット機能

このような機能が備わっています。
アプリのIndie squareではかなりzaifのアプリと似ている印象でした。

ウォレットはこちらからダウンロードできます。
https://wallet.indiesquare.me/

なぜ投資家から注目を集めているのか

XCPのメリット

  1. 発行枚数がかなり少ない点
  2. xcp枚数は減っていくこと
  3. 実績が多い点

発行枚数がかなり少ない点

発行枚数が少ないトークンや仮想通貨はその分希少価値が高くなるため、一枚あたりの価値が高くなります。

・他のコインと比較
Ripple:1000億枚
ビットコイン:2100万枚
XCP:約260万枚

XCPはビットコインの10分の1程度の枚数しかありません。
単純に価値の高いトークンとなります。

xcp枚数は減っていくこと

xcpは独自のトークンを発行する際にxcpの枚数と同じ分のトークンを発行することができます。
その時使用したxcpは使用することができなくなるので、市場に出回るxcpの枚数はxcpが人気となり、トークンの発行が進めば進むほど価値が高まるデフレ通貨と言えるでしょう。今後徐々に価格が上昇していくことが予想されます。

実績が多い点

トークンを発行できる仮想通貨はxcpに限らず色々とあります。
ただ、nemでもトークンは発行できるがサービスや実績が充実していないという欠点があります。性能はnemの方が良いと言われることもありますが、開発状況も考慮すれば、実用性があるのはxcpという評価ができます。

NEMはツイッターでもこのように厳しい声があるのが現状です。
それに比べてXCPは優れているという評価をされています。

XCPのデメリットは?

XCPはビットコインのチェーンを利用しているので、ビットコインの送金スピードが遅くなるとその影響を受けてしまうというデメリットがあります。
ビットコインの送金スピードが遅れてしまうと不便なトークンという印象を与えかねません。
また、送金経験のある方はわかると思いますが、送金が5分でも遅れるとアドレスを打ち間違えたかなと不安に感じることも少なくありません。
今後、ビットコインにライトニングが実装されたり、フォークコインであるxcpcがビットコインキャッシュでもトークンを発行できるようにするなど改善は試みられているので期待したいです。

カウンターパーティーの実用化の例

ホリエモンカード

一例では堀江貴文さん(ホリエモン)がホリエモンカードをいう名の独自トークンを発行しています。
価格は12万円と6倍以上の価格をつけているのでこのようにxcpでトークンを発行する人が増えればxcpの認知は広まっていくでしょう。

zaifトークン

ZAIFトークンは当初はXCPのプロトコルにより発行されていました。今後、段階的にNEMのプロトコルに移行することを検討していますね。

上場したトークンはこのように購入可能となります

アプリにウォレットと取引所の機能が備わっているものがあるので、売買も簡単に行うことができます。
このような面では開発がかなり進んでいます。

最も実績があるコイン

NEM とアプリ生産性で近づくには
せめて Counterparty 程度の機能を提供しないと
つらい

そして低レイヤの開発者よりも
アプリ開発者のほうが絶対数が多い

このあたりが開発勢の数や勢いに繋がってくるっぽい

カウンターパーティーのチャート


過去のチャートの傾向は何度か最高値を更新し、下降するということが多い傾向となっています。
BTCの上昇と同じタイミングで高騰することも多くなっています。

XCPのまとめ

独自トークンを発行できるトークンとしてXCPは使われます。
今後独自トークンを使用する企業やインフルエンサーが増え、XCPが選べれれば今後活躍の幅が広がり価値は上昇して行きそうですね。
今後に期待したいです。




追証無しのFX・安全性もA+


BITMEXは板も多く、サーバーも強いのでかなり注目されている取引所です。レバレッジも最大100倍まで可能。FXトレーダーは登録必須です。

手数料マイナスで利益を得るならzaif


ZAIFはビットコインの購入で手数料がマイナスなので報酬をもらうことができます。かなりおすすめの取引所なので、まだ登録が終わっていない方はぜひ登録してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です